高知市 高知市 板金塗装 フィット ホンダ 左側面 キズ 事例 オートショップ伊藤

画像

  • HOME
  • 板金塗装
  • 高知市 板金塗装 フィット ホンダ 左側面 キズ 事例

高知市 板金塗装 フィット ホンダ 左側面 キズ 事例

 ホンダのフィット

今回の主役はホンダが誇るコンパクトカー界の絶対王者、フィットです。走行性能はもちろんのこと、燃費も抜群、スタイルもいい、その上お求めやすい値段設定ともあれば、もはや悪いところを探すのが難しいくらいの優秀な車です。正にホンダの顔。売り上げ台数で言えば、2002年には33年間トップを走り続けてきたトヨタのカローラを凌ぎ、トップとなりました。フィットは英語で「FIT=ぴったりな」の意味。プリウスと並んで、毎日見かける車ナンバー3には入る車種です。

 ガードレールに左側面を擦ってしまった

左フロントドアから左リアドア、サイドステップに至るまでを盛大に損傷しております。左リアドアはちょうどいいリサイクルパーツが見つかったのでそちらに交換し、他はいつもの板金塗装で修理していきたいと思います。

 まずは損傷箇所を削ります

一枚目の画像をご覧ください。車体の下で円盤のような器具を持った職人の腕が写っています。この器具で車体を削っていきます。損傷した部分を削ることによって塗料が剥がれます。そうすることで後で塗るパテの定着を高めるわけですね。そのあと、ハンマーや溶接機で凹んでいる部分を叩いたり引っ張ったりして凹凸をなくし、塗装面と板金部分の段差を平らにしておいてから、やっとパテ塗りへと移ります。

 パテを塗りました

パテは薄ければ薄いほどいい、のが鉄則です。もちろん、パテにもいろいろな種類があって用途に合わせては分厚く塗るときもありますが、基本的には薄付けします。これが結構技術のいる作業で、その腕前によって塗装の仕上がりにも影響してきます。

 サフェイサーを塗る

パテ塗りが終了したら、サフェイサーと呼ばれる下地剤を塗ります。これをしっかりと塗ることで後の塗装の定着を良くしたり、長持ちさせたりします。

 綺麗になりました!

塗装も順調に仕上がり、キズは完全に修復できました!左フロントドアとサイドステップは修理、左リアドアはリサイクルパーツに交換で、費用は12万円。実費でのお支払いでした。ご来店ありがとうございました。

板金塗装の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!